おしゃまニャンコラム

このページはメルマガで配信したお洋服やファッションに関するコラムです。
メルマガ配信から2〜4週間遅れでさらに詳しく加筆し掲載いたします。おたのしみに♪
メルマガ登録はこちらから♪宜しくお願い申し上げますヾ(=^▽^=)ノ


おしゃまニャンコラムのバナーが出来ました。リンクフリーですのでご自由にお使い下さい♪


↓おしゃまニャンコラムアドレス
http://blog.maxicimam.com/?cid=36023



-----カテゴリ-----
★ファッション ★デザイン ★素材 ★お洋服 ★パターン



お洋服の製図についてです。 ★パターンその2でございます★ 黒猫さん&恋猫さんの場合 マム&ラブリーは、お洋服の繊細さを表現するため こちらはダミー(人形)に、ドレーピング(立体裁断)する作業、パターン(製図)の2つを使ってお洋服を作っています。 ドレーピング(立体裁断)とは、ダミーにシーチングと呼ばれるコットンをシルクピンで留めつけて、彫刻の様にシーチングを裁ちバサミで切りお洋服の形に造形していく作業。 そしてそのシーチングのトワルが完成したら、今度はダミーから人間に着せてます(フィッティングと言います)、人間(マキシマムではフィッティングモデルは、水玉さんとあおこちゃんとたまに恥ずかしながら黒玉でチェックしています)に着せてみてお洋服のバランスの悪いところを、微調整しながら製図をお直しいたします☆ 本生地の代わりにシーチングと呼ばれる布、コットンの生地が使われます(このコットンの素材は厚みが色々あり、実際の素材の厚みや硬さに合わせて調節てトワルに使用するシーチングを決定します)。 ダミー(人形)にシーチングでドレーピング(立体裁断)をしたトワル(シーチングでお洋服の形に組み上げ原型)を紙に写します、クラフト紙(模造紙みたいなもの)の上にシーチングのトワルをのせてトワルがヅレない様、ウエート(重り)で固定し、ルレット(お裁縫で使うギザギザの歯車がついた道具)でトワルをクラフト紙に写します(トレースといいます) て紙の上でパターン(製図)を平面で修正していきます。 その後、本番で使用する素材で(シーチングだと素材の硬さや重さや厚み=使用する素材の特徴がつかみにくい為)して工業用の製図にして工場様にサンプルを作って頂きます。 やはり、シーチングと本番の素材ではお洋服にした時に、雰囲気が全然変わってしまうのです。 シーチング
シーチング♪ そして、お洋服のサンプル(ファーストサンプル)ができあがれば、またまたダミーから人間に着せて、またまた洋服のバランスの悪いところを、微調整しながら製図をお直しいたします☆ そして製図が完成すると、再度サンプル(セカンドサンプル)を制作、できあがったお洋服完成ならば、その後お洋服の量産がはじまります 工場さんで縫製開始♪ もう一度直して更に完成度を高めたい場合は、再度サンプル(サードサンプル)をお願いします。 ただよほど立体的な複雑なデザインで無いかぎりセカンドサンプルを作ってお洋服の量産にすすみます。 シルクピン
シルクピン♪ そして、ある程度シルエット(ジャンスカ・ワンピース・ブラウス・ジャケット・コートなど)のベースをトワルで作ればそれを元の原型として、後は、シーズンの流行に合わせ丈を伸ばしたり、短くしたり、裾を広げたり、狭くしたりなど、平面のパターンを修正して利用していきます。 平面上でサイズを大きくしたり小さくする事をグレーディングと言います。 ★工場様、いつも綺麗に縫製して頂いてありがとうございます★ 一般的に製図をする人をパターンナー、デザインをする人をデザイナーと呼びます。マキシマムではデザイナーとパタンナーは兼ねています、一部外部のパタンナー様にもお願いしています。 以上がマム&ラブリーのお洋服が出来るまでです。 ルレット
ルレット♪ このページはメルマガで配信したお洋服やファッションに関するコラムです。メルマガ配信から2週間遅れでさらに詳しく加筆し掲載いたします。おたのしみに♪ メルマガ登録はこちらから♪宜しくお願い申し上げますヾ(=^▽^=)ノ

  • 上段バナーの説明文
  • 中段バナーの説明文
  • 下段バナーの説明文
  • english

カテゴリーから探す

モバイルショップ

ロングバナーの説明文

カテゴリーから探す